ボキボキしない葵整体院

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

腰痛。椎間板ヘルニア。

438 views

30代、男性。
椎間板ヘルニア。
10日前から腰が痛くなり、3日前に激痛で動けなくなった。
病院で、MRIを撮り、椎間板ヘルニアと診断された。
左腰から左足の外側半分に、痛みとしびれ。

(初回)
上体を左に傾けることができず、前に曲げるのもつらい。
上体を反らすことは、ほとんどできない状態。
ベッドに寝てもらうのにも、時間がかかって、辛そうでした。
背中の筋肉を触ると、左右で全く違っていて、左側がとてもかたい状態。
筋肉の緊張を緩め、主に腰の椎間板のつぶれに対する施術を行い、
起き上って確認してもらったところ、最初の痛みから2、3割減ったということで、施術を終えました。
上体を前に曲げるのは、腰椎の前後にずれを調整して、かなり曲げられるようになりました。

(翌日、2回目)
昨日の施術後の状態が維持されていました。
ただ、寝返りは、途中動きを止めながらでないとダメだそうです。
今日は、もう少し突っ込んだ施術をして、上体を前に曲げるのはほとんど大丈夫。
反らすのは、まだ痛みが残っている状態。
左に傾けるのは、結構、傾けられるようになりました。

(さらに翌日、3回目)
最初とは見違えるほど動けるようになっていました。
寝返りも一回で打てるようになったとのことです。
昨日と同様の施術をして、痛みなしで上体を動かせるようになりました。
あとは、筋肉が張った感じがあるということでしたので、完全に良くなるまで目前といったところです。

(2日後、4回目)
右斜め前に、上体を曲げると腰やおしりの辺りが張る感じがする以外は、痛みはないとのことでした。
通常の施術をした後に、筋肉に正しい動きをちょっと教えたところ、曲げても張りが無くなりました。

続けてくれば、このように短期間で済むことがあるのですが、ほかの方には、なかなか理解されないのが悲しいところです。


腰痛、ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、頭痛、肩こり・首こり、四十肩・五十肩、変形性膝関節症、半月板損傷、変形性股関節症、オスグッド病、ジャンパー膝、シンスプリント、打撲、肉離れ、捻挫、手足のしびれ、パニック障害、不安神経症、不眠症、起立性調節障害、更年期障害、自律神経失調症、線維筋痛症など

愛知県豊川市のボキボキしない葵整体院
豊橋市・岡崎市・新城市・蒲郡市からも来院。
【電話番号】 0533-83-1680
【予約受付】 9:30~19:00
【営業時間】 10:00~12:00、15:00~20:00
【LINE予約】友だち追加して、メッセージ送信


友だち追加して頂くと、もれなく割引クーポンがもらえます。