ボキボキしない葵整体院

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

湿布薬

410 views

昔と違って、今の湿布薬や塗り薬などの消炎鎮痛剤は、痛みを押さえる効果が高い成分が入っている物も多く、湿布を貼って来院される方をよく見受けます。
ただ、痛みがおさまるからといって、治るわけではありません。
痛みを感じさせる物質の生成を抑え込んでいるだけで、障害は残ったままです。

昔、スケートボードを盛んに練習していた頃、膝が痛くなることが多く、インドメタシン配合の塗り薬を使うと翌日には痛みがおさまりました。
だから、練習して痛くなったら、塗って、また練習して、と何度も繰り返していたところ、膝の痛みはあまりないのに、膝の動きがガクガクとおかしくなって、普通に歩けなくなってしまいました。
つまり、障害は残っているのに、痛みはあまりないという非常に危険な状態を経験しました。
それ以来、痛み止めの使用はやめて、元に戻りましたが…。

最近の消炎鎮痛剤は強い成分が入っているので、特に注意が必要です。
夜、どうしても痛くて眠れないとかない限り、使わず、原因を改善することを考えるべきだと思います。
なかには、痛みは変わらないけど気休めで貼っている方もおられますが・・・そこまで好きなら、もう何も申せません。


腰痛、ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、頭痛、肩こり・首こり、四十肩・五十肩、変形性膝関節症、半月板損傷、変形性股関節症、オスグッド病、ジャンパー膝、シンスプリント、打撲、肉離れ、捻挫、手足のしびれ、パニック障害、不安神経症、不眠症、起立性調節障害、更年期障害、自律神経失調症、線維筋痛症など

愛知県豊川市のボキボキしない葵整体院
豊橋市・岡崎市・新城市・蒲郡市からも来院。
【電話番号】 0533-83-1680
【予約受付】 9:30~19:00
【営業時間】 10:00~12:00、15:00~20:00
【LINE予約】友だち追加して、メッセージ送信


友だち追加して頂くと、もれなく割引クーポンがもらえます。