ボキボキしない葵整体院

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

腰の横の痛み。側湾症も。

761 views

女子中学生。
腰の左横に、痛みが出てくる。
上体を前屈させたり、右に倒したり、右に捻ったりすると腰の痛みが強くなる。
中学校に入り、側湾症が進み、それが原因ではないかと心配されている。

(初回)
検査すると、両足の太もも、おしり、右側のふくらはぎ、股関節の前側、脇腹、左脇などに、異常の反応が出てきた。
特に、右側のおしりや脇腹には、強い反応が出てきた。

腰痛、側湾症

施術後、深く前屈しないと、腰の痛みが出てこなくなった。
検査結果だけでなく、靴底や、足指の変形などから、生活習慣に問題があることがわかる。
生活習慣の指導や自宅で出来るトレーニング法などを教えた。
また、腰の痛みは、検査結果を見る限りでは、側湾症による影響というよりは、足先からの歪みが原因としかいえない。
校内は、スリッパ履きだそうだ。
膝が痛いと言って、来院されていた子も、学校の中ではスリッパ履きと言っていた。
足先から歪むことになる、結果的に、膝や股関節、腰に、強い負担をかけることになるのに・・・

(5日後、2回目)
深く前屈すると、腰に痛みが出てくる。
検査すると、前回と同様のところに、異常の反応が出てきた。
それらを施術後、ほかの検査で、精神・心理的な原因を探ると2つほど、異常が出てきたので、それを施術して終了した。

(1週間後、3回目)
痛みはなくなって、少し違和感が残っている。
検査すると、両足の太もも、おしり、左股関節の前側などに、異常の反応が出てきた。
異常の反応が出てくる範囲がだいぶ減り、強さも弱くなってきた。
それらを施術後、学校ではスリッパ履きということなので、テーピングをして終えた。
違和感もなし。


腰痛、ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、頭痛、肩こり・首こり、四十肩・五十肩、変形性膝関節症、半月板損傷、変形性股関節症、オスグッド病、ジャンパー膝、シンスプリント、打撲、肉離れ、捻挫、手足のしびれ、パニック障害、不安神経症、不眠症、起立性調節障害、更年期障害、自律神経失調症、線維筋痛症など

愛知県豊川市のボキボキしない葵整体院
豊橋市・岡崎市・新城市・蒲郡市からも来院。
【電話番号】 0533-83-1680
【予約受付】 9:30~19:00
【営業時間】 10:00~12:00、15:00~20:00
【LINE予約】友だち追加して、メッセージ送信


友だち追加して頂くと、もれなく割引クーポンがもらえます。