ボキボキしない葵整体院

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

有痛性外脛骨の手術後、再発。

476 views

女子小学生。
2年前に、外脛骨障害と診断され、その半年後に左足の外脛骨を手術。
手術して、一旦は痛みがなくなったが、2ヶ月前から再発。
病院で作ったインソールを使っているが、運動すると、両足の外脛骨部分が痛い。
左膝下も痛い。
朝起きた時に、腰痛(背中の痛み?)もある。

(初回)
検査すると、左のアキレス腱、両足の太もも、股関節の外側、臀部、仙腸関節、腰椎、右上腹部に、異常の反応が出てきた。
有痛性外脛骨,腰痛,背中の痛み,膝の痛み
太もも、股関節の外側、腹部は、強烈な異常の反応。
履いてきた履物の踵は、片減りしており、外反母趾、内反小趾など、足先のゆがみがあり、生活習慣に問題があることが伺える。
施術後、生活習慣と改善のためのトレーニングを指導した。

(1週間後、2回目)
膝や腰の痛みが強いとのこと。
検査すると、両足のアキレス腱、膝裏、太もも、ソケイ部、臀部、骨盤周辺、仙腸関節、上腹部と、異常の反応が前回よりも範囲が広がっている。
スポーツは見学しているそうで、運動していなくて、これだけ異常の反応が増加するのはおかしいので、特別整体で行っている検査を実施。
すると、整体の範囲を超えた異常が見つかったため、知り合いのところを紹介した。

2日後、背中の痛みが強くなったと、ご連絡があった。
触れる程度の施術なのにどうしてこうなるかというと、整体の範囲を超えた異常があり、かつ、その問題が強い場合、このように、以前より痛みが強くなったり、ほかの部位が痛くなったりすることがある。
整体の範囲を超えた異常とは・・・患者さんには説明していますが、ここではちょっと。

愛知県豊川市のボキボキしない葵整体院
豊橋市・岡崎市・新城市・蒲郡市からも来院。
【電話番号】 0533-83-1680
【予約受付】 9:30~19:00
【営業時間】 10:00~12:00、15:00~20:00