ボキボキしない葵整体院

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

QHMからWordPressへの移行(コンテンツ編)

426 views

QHMからWordPressへの移行方法のメモ書きです。

現行の QHMを使ってるドメインとは別のドメイン(サブドメイン、サブディレクトリーでも可、あるいは、Instant WordPressを使って自分のパソコン上でも可)に、WordPressをインストールしてください。
両方を立ち上げた状態で、コピー&ペーストしていきますので。

WordPressの場合、データとその見せ方とに分離されますので、データの見せ方については、WordPressの本を参考にしてください。
ここでは、データの移行方法をメインに説明します。

基本的には、現行のQHMで作成したホームページを表示させて、ページごとに、コピー&ペーストしていくだけです。
その際、QHMにログインした状態では、余計なHTMLコードもコピーされてしまいますので、ログオフした状態にします。

コピペすると、同じ内容のサイトが2つできることになるので、作成に時間がかかりそうならば、Googleからペナルティをもらわないように、WordPressの管理画面の表示設定で、 「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックしておいたほうがよいかもしれません。
完成して、QHMのサイトを削除したら、チェックを外すことをお忘れなく。

QHMで作成したホームページ1ページを丸ごとコピーしたら、WordPressの「固定ページ」のビジュアル編集欄にペーストします。
WordPressの「固定ページ」のテキスト編集に切り替えると、通常の文字だけでなく、HTMLタグもコピーされていることがわかります。

次に、そのページで使用している画像をWordPressの「メディア」にアップロードします。
QHMで使用している画像は、基本的には、ツールのSWFUに登録されているので、ここからダウンロードしていけばいいのですが、haikテーマを当てたりしていると、ソフトのバグにより、それ以前のファイルが表示されなかったりします。
別の方法として、表示させたホームページの画像を右クリックして、画像をパソコンに保存できますので、それをアップロードすればOKです。

WordPressの「固定ページ」のテキスト編集欄で、画像を表示させている部分を探すと、使っている画像のURLがQHMの画像のURLになっていることがわかりますので、これをWordPresssの画像のURLに修正します。
WordPresssの画像のURLは、WordPressのメディアから該当の画像をクリックすれば表示されますので、わかります。

同様にして、すべてのページについて、コピー&ペースト、修正を繰り替えしていきます。
あとは、メニューや配置など、見せ方の設定ですので、WordPressの本を見て、設定していってください。

なので、HTMLコードを入力することはほとんどないので、割と簡単に移行が完了します。

ところで、文字装飾として、マーカーなどQHM専用の文字装飾を使っている場合は、WordPress用に変更しないと装飾されません。
アコーディオンやパネル、ボタンなどの機能は、WordPressのプラグインですべて対応できます。

ここは整体院なので、この件に関するお問い合わせは、面識のある方以外は、ご遠慮ください。

以前、QHMで作成した自分のホームページは、
haik(QHM)で作成したホームページ(いずれ削除します)

目的が違うので若干内容は異なりますが、WordPressの無料テーマを使って作成すると、
WordPressで作成したホームページ

愛知県豊川市のボキボキしない葵整体院
豊橋市・岡崎市・新城市・蒲郡市からも来院。
【電話番号】 0533-83-1680
【予約受付】 9:30~19:00
【営業時間】 10:00~12:00、15:00~20:00