ボキボキしない葵整体院

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

QHMからWordPressへの移行(外観編)

336 views

QHMからWordPressに移行する場合、WordPressはテーマを切り替えることによって、外観をガラッと変えることができますので、どのテーマを使うかということで悩むと思います。

自分が、コーポレートサイト向けに使えるテーマとして検討したのは、

無料テーマでは、
STINGER
Lightning
BizVektor
Simplicity

有料テーマでは、
賢威(ケンイ)
DigiPress
TCD
Minimal WP

です。

上位3つの無料テーマは、どれも似た感じで好みの問題だと思うので、どれでもよいですが、個人的に一番使いやすかったBizVektorを、自分のサイトのひとつに使いました。
4つ目の無料テーマは、カスタマイズ前提のテーマの印象を受けました。
そのままでは、自分のやりたいことができませんでした。
上記以外の無料テーマで、オリジナル性があって良い感じのテーマがありましたが、この情報は、面識のある方だけに・・・

有料テーマのほうですが、賢威は、料金も高く(その代わり、バージョンアップは永年無料)、提供されているテーマのままではありきたりで、カスタマイズが必要なのかなと思い、やめました。

DigiPressは、見栄え良く作りたいけど、自分でプログラムコードを書いてカスタマイズはしない人向けです。
カスタマイズをしてしまうと、オリジナル性が強いので、ほかのテーマに移行するのは難しくなります。
DigiPressを出している会社のデジステイトは、一人でやっているようなので、この方が辞めた時、QHMみたいになりかねない不安もありますので、用意されている設定を触るだけにしたほうが無難かもしれません。
それだけで十分、見栄えの良いものは作れます。

公式サイトに、DigiPressをカスタマイズなしで使っています。
なぜこれにしたかというと、
本業は整体です。
時間を整体以外に大きく割くのは、違うんじゃないのかなと思っています。
なので、設定だけで仕上がるものを選びました。

TCDは、DigiPressと似たような感じで、これも、少ない手間で、綺麗に仕上がると思います。
Minimal WPは、自分好みにするには、若干カスタマイズが必要かなと思いやめました。

DigiPressは、1テーマ対して1ライセンスなので、1サイトだけならば安価です。
一方、TCDは、1ユーザーに対して1ライセンスなので、1サイトだけだとちょっとお高めですが、複数のサイトを持っている人ならば、DigiPressよりも安く済みます。

ネットでは、DigiPressのサポート内容について悪く書かれることもあります。
実際、動作の不具合で連絡して、バグであっても、プログラムが修正されて、「○○に、バージョンアップしてください。」というメールだけだったり、明確に言わないとスルーされたりと、かなりドライな対応なので、これにカチンとくるユーザーもいるかもしれません。
自分もその一人ですが、一人で全部やっていることを知って、一人ならやり取りを最小限度にとどめたいだろうし、仕方ないかなと納得しました。
一方、TCDを出している会社は、従業員が14人いるようなので、その辺は大丈夫かもしれません。
でも、個人的には、個性的なテーマを出しているDigiPressのほうを推していますが(笑)

愛知県豊川市のボキボキしない葵整体院
豊橋市・岡崎市・新城市・蒲郡市からも来院。
【電話番号】 0533-83-1680
【予約受付】 9:30~19:00
【営業時間】 10:00~12:00、15:00~20:00