ボキボキしない葵整体院

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

「痛みがない=治った」ではないということ

141 views

傷付いたら、痛いのは当たり前です。
だからこそ、体はこれ以上を無理して動かしてはいけないとわかります。

痛くなったら、痛み止めを服用する、あるいは鎮痛剤を貼り/塗る、といった行為は、危険を知らせるシグナルを止めるのと同じです。
こういう方は、痛みがない=治った、と思っています。
でも、現実は、組織が傷付いたままです。

傷付いたままで、無理な動きをすることになるので、それを繰り返すと、前よりも悪い状態になります。

これは、いままで行ってきた病院治療が悪いのですが、最近では、病院だけの問題ではありません。
整体でも、患者受けが良いことから、ここ最近、その場で痛みを取る施術が流行っています。
うちも以前使っていたので、偉そうなことは言えませんが・・・
なんでもかんでも、痛みをなくせば良いというものではありません。

自然治癒力を発揮させる根本療法では、施術後、少し遅れて症状が改善するという自然な回復をします。
だから、うちでは、施術後、体にお任せしているので、丸1日経ってから、自然治癒により治って、急激に楽になることが多いです。
そのため、首をかしげて帰宅して、丸1日経って急に良くなって、あわてて次の予約を入れる方もいます。

そうは言っても、痛くて仕事できないから、仕方がないという方もいます。
覚悟の上で、痛み止め処置をすることです。
少なくとも、痛みがない=治った、と勘違いしないことです。

ところで、「その場の痛みが取れればいいでしょ。痛くなったら、また、治療すれば。」と思う人もおられるかもしれません。
再発を繰り返していると、いずれ、それでは対処できなくなります。
実際、長期に渡り、対症療法を繰り返していて、うちでも対処できないレベルまで悪化されていた方がいました。

愛知県豊川市のボキボキしない葵整体院
豊橋市・岡崎市・新城市・蒲郡市からも来院。
【電話番号】 0533-83-1680
【予約受付】 9:30~19:00
【営業時間】 10:00~12:00、15:00~20:00