ボキボキしない葵整体院

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

ダメージを回復すること。

95 views

昔は、自覚症状を取ることだけを考えた施術をしていました。
今は、カラダにあるダメージを回復する施術をして、結果的に自覚症状がなくなればいいなという感じです。
自覚症状とカラダにあるダメージとは一緒では?と思うかもしれませんが、症例にアップした検査結果を見てもらえば、その違いは一目瞭然です。(赤く塗っている所が、カラダにあるダメージ。青色が自覚症状の場所)

なぜ、そんなふうに変わったかというと、一人の患者さんとの出会いがあったからです。

当時、自覚症状に応じて、それを軽減する手技を順番にかけていくという方法をとってました。
自覚症状を取ることに特化した手技でしたので、面白いように取れることもあり、患者さんにも驚いて頂けていました。

ただ、その患者さんの場合、ある程度、自覚症状が軽減して帰って頂いた後、自宅で動いてしまったせいか、まったく動けなくなって救急車に運ばれる結果になりました。

今でこそ、カラダのダメージがどこにどの程度であるかを検査できますが、その当時はできず、自覚症状でしか判断できませんでした。
自覚症状は軽減しているけど、靭帯などの体組織のダメージがまるまる残ってしまっている状態だったと推測できます。
筋肉を緩めたり、骨格矯正したりする手技で、カラダのダメージを修復する手技ではないので、微妙なバランスで自覚症状が減っているに過ぎません。

特に問題になるのは、靭帯を痛めて緩んでいる場合です。
例えば、仙腸靭帯の緩みから仙腸関節が歪んで、痛みが出ている場合。
歪みを整えれば、自覚症状は減るものの、靭帯が緩んだままなので、ちょっとしたキッカケで崩れ、激痛が出てしまいます。

その場で痛みを取る手技って、当時よりも今のほうがさらに、巷で流行っていて、いろいろな整体院で採用されています。
それでも、患者さん受けは悪くても、より自然で、安全な施術をしていきたいと思います。

愛知県豊川市のボキボキしない葵整体院
豊橋市・岡崎市・新城市・蒲郡市からも来院。
【電話番号】 0533-83-1680
【予約受付】 9:30~19:00
【営業時間】 10:00~12:00、15:00~20:00