ボキボキしない葵整体院

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

しもやけ、冷え性の自己治療法

74 views

子供頃、毎年、冬になると、両手の指にひどいしもやけが出来て、指があまり曲げられない状態になっていました。
そこで親が施した治療は、毎晩、アロエの果肉部をしもやけに当て、包帯を巻いて寝ました。
学校に行く時は、オロナイン軟膏を塗っていました。

でも、子供心に、どちらも、全然効果ないなと思っていました。
オロナイン軟膏の効能のところに、「しもやけ」とは書かれていましたが、うーんと思っていました。
そう思いながら、小学校6年間、しもやけは全く改善しないまま。

中学生になり、さすがにこのままではいけないと思い、いろいろと考えるうち、あることに気付きました。
血行が悪くて、しもやけになるんだから、血行を良くすればいいだけだと。

それで行ったことは、お風呂に入ったときに、手桶に水を入れてお風呂に浮かべ、温かいお風呂の中と冷たい手桶の中と、交互に手を突っ込むこと。
数日間、同じことをしていると、体感できるほど、しもやけが改善。
そのまま続けていたら、完全に治りました。

寒くなって血流が悪くなると、特に、毛細血管である指先には血が行かなくなり、結果として、毛細血管が消えてなくなってしまいます。
指先の毛細血管が減れば、さらに、冷えて、血流が悪くなるので、さらに、毛細血管が消えていくという、負のスパイラルに入っていきます。
そこで、熱いお湯と冷たい水に、交互に晒すことによって、血流が改善し、毛細血管が再生してきます。

冷え性は、しもやけの手前の症状ですので、同じ理屈で、改善可能です。
薬効に期待して治そうとするより、もっと直接的なやり方で、血流を改善変したほうがよく治ります。

愛知県豊川市のボキボキしない葵整体院
豊橋市・岡崎市・新城市・蒲郡市からも来院。
【電話番号】 0533-83-1680
【予約受付】 9:30~19:00
【営業時間】 10:00~12:00、15:00~20:00