ボキボキしない葵整体院

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

片頭痛(偏頭痛)

片頭痛(偏頭痛)

症状

dogs

ズキンズキンと脈打つような痛み。
吐き気を伴なうこともある。
動くとひどくなる。
フワフワとしたふらつきがある。
光がまぶしく感じたり、臭いや音に敏感になったりする。

片頭痛の場合、おじぎをすると痛みが強くなったりします。
おじぎをしても痛みが変わらない場合は、緊張性頭痛の可能性があります。

また、おでこや頭部に帯状疱疹が出ると、頭痛が生じます。
湿疹が出るまで、5日ほどかかりますので、それまでわからない場合もあります。

原因

一般的には、外からの刺激に対して強く反応して脳の血管が拡張すると、神経を刺激して、頭痛を引き起こすと言われています。
ただ、脳組織自体には感覚神経は存在しないため、髄膜や頭皮などにある神経が、緊張により圧迫されたり、血流不足による酸欠により、痛みを感じると考えられます。

いずれにしろ、それを繰り返して、視床(脳に痛みを伝える器官)が過活動状態になると、少しの刺激でも、強い頭痛を引き起こします。
したがって、人より、光が眩しい、臭いを感じやすいなど、脳が興奮しやすい人は注意が必要です。

食物アレルギーや食品不耐症が、片頭痛を引き起こすことがあります。
また、甲状腺の病気である橋本病を患っていると、甲状腺ホルモンの分泌が減少し、頭痛が長く続く原因となります。

改善方法

まずは、規則正しい生活を心掛けてください。
夜更かしや、休日に寝すぎるような生活は厳禁です。

医師によっては、血管の拡張が原因だからマッサージは厳禁という方もおられますが、一回の施術で痛みがなくなる方もおり、必ずしも正しいとは言えません。

当院は、マッサージは行いませんが、片頭痛の原因となる肉体的ストレス、精神的ストレスを解除する整体を行います。
また、食物アレルギーや食品不耐症が原因となっている場合は、整体以外の施術で対応します。

注意事項

放置しておくと、痛みを感じる回路が敏感になり、ちょっとした刺激で頭痛を引き起こしやすくなり、毎日、頭痛に悩まされることになります。
いずれ、薬も効かない状態になり、アロディニアという症状を引き起こします。

頭痛によっては、危険な病気が潜んでいる場合があります。
以下の場合には、病院での治療が必要です。

  • 髄膜炎
    頭痛がして熱が出るので風邪と間違いやすいですが、髄膜炎の場合、首の後ろが固くなるため、首が前に曲がらなくなり、顎が胸に着かなくなります。
  • 脳腫瘍
    1~2ヶ月の間にどんどんひどくなる頭痛で、朝だけひどい痛みがあり、昼頃になると治ってしまう特徴があります。麻痺などの神経症状が出たら、要注意です。
  • クモ膜下出血
    激しい痛みを伴う場合が多いですが、出血量が少ない場合、軽い頭痛の人もいます。吐き気を伴う場合は、要注意です。
  • 硬膜下血腫
    軽く頭を打った時の方が起こりやすく、症状が出るのは、早くて1ヶ月後で、頭痛以外に、手のしびれや認知症状が出ることがあります。
  • 脳梗塞
    心臓などに障害を持っていると、血栓が脳へ飛び、血管を詰まらせることで頭痛が出ます。
    頭痛と同時に、身体にしびれが伴う場合は、要注意です。
  • 椎骨動脈解離(脳動脈解離)
    脳の血管の壁がはがれて、痛みを出します。
    片側が突然痛くなって、なかなか治らず、だんだんひどくなる場合は要注意です。

症例

頭痛の症例は、ココをクリック

 

→「からだの病名集」へ戻る

当ホームページに掲載された情報は、著作権法によって保護されています。
文章およびその構成・画像等の転載・模倣を、一切禁じます。