ボキボキしない葵整体院

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

花粉症

花粉症

症状

  • くしゃみ、鼻水、鼻づまり。
  • 目のかゆみ、充血、涙目。
  • のどのかゆみ、皮膚のかゆみなど。

原因

花粉によるアレルギー反応により、いろいろな症状が引き起こされます。

でも、花粉症になる人もいれば、ならない人もいます。
花粉の飛散量の増加以上に、花粉症になる人は、激増しています。
さらに、花粉症になっていた人が何もしないのに、翌年、突然、症状が出なくなったりします。

つまり、花粉は、誘因であって原因ではないということです。
身体機能が正常に働いていれば、花粉が身体に入っても、アレルギー反応を起こしません。
一番大きな原因は、身体のゆがみにより、身体機能が正常に働いないことです。

身体機能を正常に働かせるのに重要な部分の一つは、首です。
寝不足などの悪い生活習慣などで、首の骨がゆがみ、椎間板がつぶれると、身体機能が正常に働かなくなります。

それ以外の原因として、花粉以外のアレルギー、たとえば食物アレルギーなどがある場合、花粉症になりやすくなります。
というのは、元々、アレルギーを起こしやすい状態にあるからです。

改善方法

多くの場合、整体により、身体のゆがみを正すことによって、身体機能が正常になり、アレルギー反応による花粉症の症状が軽減します。

食物アレルギーなど、元々、アレルギーを引き起こしやすい状態にある場合、それらに対処していく必要があります。

整体以外の施術で、花粉症の原因として、重金属中毒や腸粘膜異常が反応としてよく出てきます。
腸は、免疫細胞が多く集まっているところであり、免疫機能の要です。
腸を整えることは、免疫機能の正常化には非常に重要です。

予防方法

首の椎間板のつぶれに対する有効な方法は、睡眠です。

首にある頚椎の椎間板は、起きている間、頭の重みによってつぶされていきます。
そのつぶれは、寝ることによって回復します。
したがって、7〜8時間の睡眠時間は確保するようにしましょう。
眠れなくても、横になっているだけでも効果はあります。

ただし、睡眠で回復するためには、首の筋肉の緊張が緩み、骨格の歪みがないことが必要です。
そのためには、定期的な整体も必要です。

食生活の改善も大切です。
現代人は、炭水化物(パン、麺、白米など)を摂り過ぎています。
炭水化物を多く摂るということは、糖質を多く摂るということですので、血糖値が上がります。
砂糖が使われているケーキやお菓子、ジュースなども血糖値が上がります。
この血糖値の上昇が、副腎疲労を起こし、免疫機能の正常な働きを妨げる原因となり、アレルギー反応を引き起こします。

したがって、炭水化物の摂取を減らすことは重要です。

 

→「からだの病名集」へ戻る

当ホームページに掲載された情報は、著作権法によって保護されています。
文章およびその構成・画像等の転載・模倣を、一切禁じます。