葵整体院 豊川施術所

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニア

椎間板は、中央部の髄核とその回りを覆う線維輪でできています。

症状

頚椎椎間板ヘルニア
  • 首・肩・腕の痛みやしびれ。
  • 親指・人差し指のしびれ。

原因

首の老化や外傷、スポーツ傷害などで、椎間板の線維輪が破けて、中のゼラチン状の柔らかい髄核が出てきて、神経を圧迫することが原因です。

また、姿勢の悪さなど、局所的に負荷が掛かる状態が繰り返されても、起こる可能性があります。

確認方法

スパーリングテスト

頭を軽く後屈してもらってから、痛い側に側屈させます。
両手を頭頂部に置き、頭部に圧迫を加えます。
徐々に強い圧迫を加えていき、症状が強くなった場合、神経が圧迫さている可能性があります。

触覚障害

左右の触覚を比較します。
調べる場所は、上腕の外側(C5)、親指の甲側(C6)、中指の甲側または掌側(C7)、小指球(C8)です。

改善方法

よほど酷ければ手術となりますが、ほとんどの場合、整体により痛みやしびれは改善します。
整体では、局所的に負荷が掛かる状態を解放していきます。

また、病院でMRIでヘルニアが見つかったからと言って、必ずしもそれが痛みやしびれの原因とは限りません。
ヘルニアの場所と痛みやしびれが出ている場所が、神経学的に一致していることを必ず確認してください。

病院によっては、首の牽引を行うところがありますが、お勧めしません。
整形外科で行われる首の牽引は、かなり大昔の理論に基づいて行われており、CTやMRIなどの画像装置の発達で、そのやり方が間違っていることがわかっています。
実際に、整形外科に勤めていた方から、牽引治療の直後に患者さんが立てなくなったり、めまいを起こしたりという問題が度々発生していたと聞いています。
効果がないだけでなく、かえって悪化させることがありますので、こちらに来られることをお勧めします。

症例

頚椎椎間板ヘルニアの症例は、ココをクリック

 

→「からだの病名集」へ戻る

当ホームページに掲載された情報は、著作権法によって保護されています。
文章およびその構成・画像等の転載・模倣を、一切禁じます。