ボキボキしない葵整体院

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

変形性頚椎症

変形性頚椎症

椎間板は、中央部の髄核とその回りを覆う線維輪でできています。

症状

変形性頚椎症
  • 首・肩・腕の痛みやしびれ。

原因

首の老化などで、骨と骨の間でクッションの役割を果たしている椎間板がつぶれて、骨と骨がぶつかり、擦り減ることによって、骨がずれたり、骨棘(こつきょく)と呼ばれる骨の突出ができたりします。

確認方法

神経が圧迫されて症状が出るため、首を動かして、症状が悪化するかどうかで判断できます。

スパーリングテスト

頭を軽く後屈してもらってから、痛い側に側屈させる.
両手を頭頂部に置き、頭部に圧迫を加える。
徐々に強い圧迫を加えていき、症状が強くなった場合、神経が圧迫さている可能性があります。

触覚障害

左右の触覚を比較します。
調べる場所は、上腕の外側(C5)、親指の甲側(C6)、中指の甲側または掌側(C7)、小指球(C8)です。

改善方法

整体治療により、痛みやしびれは改善します。

 

→「からだの病名集」へ戻る

当ホームページに掲載された情報は、著作権法によって保護されています。
文章およびその構成・画像等の転載・模倣を、一切禁じます。