ボキボキしない葵整体院

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

野球肘(上腕骨内上顆炎)

野球肘(上腕骨内上顆炎)

野球の投球動作で、肘周囲の痛みが起こすことから、野球肘という名前が付いています。

症状

  • 肘の内側の痛み。
  • カーブを投げることが多い投手については、肘の外側に痛みが出ることがあります。

原因

使いすぎにより筋肉が疲労し、そのため異常収縮し、筋肉の付着部である上腕骨内上顆が引っ張られ、痛みを発生します。

確認方法

患者さんにこぶしをつくってもらい、そのまま手の平側に曲げてもらう。
その時、抵抗をかけて、肘の痛みが増すようであれば、野球肘です。

改善方法

投球フォームに、問題がある場合があります。
腕を後ろに引いたときに、手のひらが上になるように手首を返していないか確認してください。
また、トップの位置で、肘が肩より下がっていないか確認してください。

筋肉の疲労が主な原因なので、安静にしておきたいところですが、手はどうしても使う部位なので、放っておいてもなかなか改善されません。
整体治療により、早めに筋肉の緊張を解くことが大切です。

また、筋肉が疲労して縮んでいる状態なので、肘を伸ばした状態で手首を反らすストレッチが有効です。
ストレッチは、痛くなる手前までにしておきます。

また、特定の動作の時だけ痛む場合は、骨が動作時にずれている場合も考えられるため、緊張を解いた後、その整体治療も行います。

症例

野球肘の症例は、ココをクリック

 

→「からだの病名集」へ戻る

当ホームページに掲載された情報は、著作権法によって保護されています。
文章およびその構成・画像等の転載・模倣を、一切禁じます。