ボキボキしない葵整体院

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

手根管症候群

手根管症候群

手首のところにある手根骨と屈筋支帯(横手根靭帯)で形成される手根管には、手、手首、指の屈筋腱(深指屈筋腱、長母指屈筋腱、とう側手根屈筋、浅指屈筋腱)と正中神経が通っています。
なお、正中神経の支配は、親指から、薬指の中指寄り側までの間です。

症状

  • 人差し指、中指を中心に、親指や薬指の中指側のしびれや痛み。
  • ひどい時には睡眠時に痛みがある。

原因

主に、手の使いすぎにより、手根管を通過する腱などが腫れることにより、正中神経が圧迫されて、しびれや痛みが出ます。
それ以外にも腫瘤なども、正中神経を圧迫する原因になります。

確認方法

チネル徴候テスト

手首の小指側を、指を弾いて当てて、しびれがあるかどうか確認します。

ファーレンテスト

手のひらの甲と甲を合わせて、指先を下にした状態で1分間保持し、しびれがあるかどうか確認します。

改善方法

病院では、ひどい場合には、靱帯を切除して、圧迫をなくします。

使いすぎの場合、整体で改善します。

 

→「からだの病名集」へ戻る

当ホームページに掲載された情報は、著作権法によって保護されています。
文章およびその構成・画像等の転載・模倣を、一切禁じます。