葵整体院 豊川施術所

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

骨や椎間板の変形により、脊柱管が狭められ、脊柱管内の神経が圧迫された状態。

症状

  • 腰痛や、歩くとしびれが出てしばらく休むとまた楽になる(間歇性跛行)といった症状が出る。
  • 前屈みになると楽になり、腰を反らすと痛みが増す。
    特に、斜め後ろに反らした時に、おしりから足に痛みが出ることが多い。

原因

椎間板ヘルニアなど脊椎の手術後に起こるとか、先天性だとかいろいろな説がありますが、はっきりとした理由は不明とされています。

しかし、葵整体院の検査法で調べていくと、足先から腰にかけて異常が連なることが多いため、足先の歪みが上へと伝わり、骨を変形させ、神経を圧迫して、痛みやしびれを引き起こしていることがわかります。
足先の歪みは、いくつかの間違った生活習慣が原因で起こります。

対処方法

ほかの原因でも、脊柱管狭窄症と同様の症状を発症することがあり、手術しても、痛みやしびれが変わらない場合があります。
身体を傷付ける前に、まず、整体で変わるかどうか試してからでも遅くはありません。

自分でできる対症療法

運動は、血流アップや筋肉強化といった点で有効です。

脊柱管狭窄症の場合、前傾姿勢が楽なので、それを考慮する必要があります。
前傾姿勢を保ちながら運動する方法として、自転車に乗るとか、手押し車や杖などを使ってウォーキングするなどがあります。

いずれにせよ、痛みがない状態で運動することが重要です。

症例

脊柱管狭窄症の症例は、ココをクリック

 

→「からだの病名集」へ戻る

当ホームページに掲載された情報は、著作権法によって保護されています。
文章およびその構成・画像等の転載・模倣を、一切禁じます。