ボキボキしない葵整体院

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

腰椎分離症・腰椎すべり症

腰椎分離症・腰椎すべり症

症状

  • 腰の鈍く重い痛み。足に痛みやしびれが出ることもある。
  • 上体を反らせると痛みが強くなる。
  • 痛みが全く発生しない場合もある。

原因

スポーツなどで、繰り返し、腰椎に負荷がかかり、腰椎の骨の一部が疲労骨折することが、原因といわれています。
腰椎分離症は、腰椎の骨の一部が離れてしまった状態で、腰椎すべり症は、更に腰椎の位置がずれてしまった状態をいいます。
腰椎が不安定になって、神経を刺激して腰痛の原因になります。

改善方法

病院では、保存療法(コルセットや温熱療法、神経ブロック注射など)が行われます。
それでも症状が改善しない場合は、手術が行われます。

整体によって、症状が改善される場合が多いので、一度、お越し下さい。

改善のためには、腰椎に負荷がかかり続けている状態になっているために、その歪みを直す必要があります。
骨格矯正など外から力を加える施術では、今までの生活で今の骨格になっているわけなので、すぐに元に戻ります。
腰椎までどういうルートで歪んでいるかを把握して、そのすべてを調整した上で、歪ませる原因となっている生活習慣の改善が必要です。
そうしない限り、腰椎に負担がかかり続け、治りにくくなりますし、たとえ手術などをしたとしても、再発します。
ここでは、生活習慣の指導も含めて対応しています。

症例

腰椎分離症・腰椎すべり症の症例は、ココをクリック

 

→「からだの病名集」へ戻る

当ホームページに掲載された情報は、著作権法によって保護されています。
文章およびその構成・画像等の転載・模倣を、一切禁じます。