葵整体院 豊川施術所

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経は、腰椎、仙骨の隙間から出て、骨盤をくぐりぬけ、大腿の裏側、膝裏を通って、足先まで伸びています。

症状

  • 腰やおしりの痛み。
  • 太ももの裏や足先にかけてのしびれ。

原因

最も多い原因は、腰椎椎間板ヘルニアです。(足を伸ばした状態で、持ち上げると痛みが増します。)
パトリック・テストで、股関節が外に開かない場合は、股関節の異常が原因である場合があります。

その他、筋肉の緊張、腫瘍などで、神経が圧迫されて、痛みやしびれが出る場合もあります。

それ以外にも、肥満気味の方に多いですが、脚を細く見せようと窮屈なズボンを履き続けることによって、末梢神経が圧迫され、ダメージを受けて、痺れが出ることもあります。
異常感覚性大腿神経痛と呼ばれています。

改善方法

原因によって、処置が変わりますが、病院では、温熱治療、電気治療、ブロック注射、手術などが行われます。

ほとんどの坐骨神経痛は、整体で改善します。

ただし、なかなか治らない坐骨神経痛の場合、慢性ウイルス感染が原因の場合もあります。
神経細胞は代謝が少ないので、ウイルスにとっては格好の隠れ家であり、神経を傷つけることによって痛みが出ます。
その場合は、整体では対応できませんので、整体以外の施術メニューで対応することになります。

自分でできる改善方法

股関節に異常がある場合

股関節に負荷がかからない状態で、股関節を動かすことによって、股関節周辺の血行が良くなり、改善します。

  • 椅子に座った状態で、膝を開いたり閉じたりを繰り返します。
    一日2~3回、上記動作を10回行います。
  • 椅子に座った状態で、腰を丸めたり、おなかを前に突き出して身体を起こしたりを繰り返します。
    一日2~3回、上記動作を10回行います。

症例

坐骨神経痛の症例は、ココをクリック

 

→「からだの病名集」へ戻る

当ホームページに掲載された情報は、著作権法によって保護されています。
文章およびその構成・画像等の転載・模倣を、一切禁じます。