葵整体院 豊川施術所

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

大腿四頭筋炎

大腿四頭筋炎

大腿四頭筋は、文字通り大腿部にある4つの筋肉です。

症状

  • 膝の上の方や腸骨部分(大腿直筋の付着部付近)の痛みで、運動時に痛みが増し、安静時に痛みが軽減する。
  • 多くは、20歳以上に発症する。

原因

バレーボールやサッカーなどのジャンプやキック、急激なストップ動作を繰り返す運動により、大腿四頭筋が疲労し、異常収縮し、大腿四頭筋の端っこが痛みます。
運動以外でも、立ち仕事の方や歩き過ぎなどでも多く発症します。

一般的には、このように筋肉疲労が原因とされています。
しかしながら、同じ運動をして、大腿四頭筋炎になる人とならない人がいることが説明できません。

つまり、大腿四頭筋に負担をかけやすい状態になっているのが原因です。
具体的には、足先の歪みから足全体の歪みへと拡がり、他人より、大腿四頭筋に負担をかけやすい状態になっていることが原因です。

改善方法

整体で、大腿四頭筋の疲労による緊張筋肉の緊張を解いていけば、楽になります。
しかし、それでは、大腿四頭筋に負担をかける原因となっている足先からの歪みは改善されていないため、いずれ症状が戻ります。

ここでは、整体により、足先からの歪みを改善すると共に、足先の歪みを作っている間違った生活習慣の改善の指導も行います。

予防方法

運動の前後に、大腿四頭筋のストレッチをします。
片手で足首を持って、後に引き上げながら膝を曲げて、大腿四頭筋を伸ばします。
ストレッチは、痛みが出る一歩手前までにしてください。
痛みが出るまで伸ばすのは、やり過ぎです。

足先からの歪みに対する予防方法については、院内にて、指導します。

補足

腸骨側が痛む場合、そけいヘルニアと痛む部位が似ているので、触って、しこりの有無で判断します。
しこりがあれば、そけいヘルニアの可能性が高いです。

10〜15歳でオスグッド・シュラッター病、シンディング・ラルセン病、15〜20歳で膝蓋靭帯炎、20歳以上大腿四頭筋炎になることが多く、つまり、年齢が上がるにつれて、痛む部位が上がってきます。

 

→「からだの病名集」へ戻る

当ホームページに掲載された情報は、著作権法によって保護されています。
文章およびその構成・画像等の転載・模倣を、一切禁じます。