ボキボキしない葵整体院

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

症状

  • 膝蓋のすぐ下の痛みで、運動時に痛みが増し、安静時に痛みが軽減する。
  • 15歳以上の成長期以降に多くみられます。

原因

バレーボールやサッカーなどのジャンプやキック、急激なストップ動作を繰り返す運動により、大腿四頭筋が疲労し、異常収縮し、大腿四頭筋とつながっている膝蓋靭帯に負担がかかり、痛みます。

改善方法

大腿四頭筋の疲労による緊張が原因なので、整体で筋肉の緊張を解いていけば改善します。
痛みがあるうちは、運動を中止してください。

予防方法

運動の前後に、大腿四頭筋のストレッチをします。
片手で足首を持って、後に引き上げながら膝を曲げて、大腿四頭筋を伸ばします。
ストレッチは、痛みが出る一歩手前までにしてください。
痛みが出るまで伸ばすのは、やり過ぎです。

症例

ジャンパー膝の症例は、ココをクリック

 

→「からだの病名集」へ戻る

当ホームページに掲載された情報は、著作権法によって保護されています。
文章およびその構成・画像等の転載・模倣を、一切禁じます。