ボキボキしない葵整体院

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

有痛性外頸骨(外頸骨障害)

有痛性外脛骨(外脛骨障害)

外脛骨は、内くるぶしの前下方にできる種子骨の一種です。

症状

  • 骨が出っ張ったように膨らんで、痛みがある。

原因

一般的に、外脛骨に、スポーツなどで無理な負担がかかったり、靴がこすれたりするのが原因とされています。

改善方法

病院等では、外脛骨のところに穴あきパッドを貼ったり、靴底に内側が高くなるソールを入れたりします。
場合によっては、種子骨を除去する手術を行われることもあります。

医師が考えているインソールでは、足裏の縦側のアーチしか考慮されておらず、重要な横側のアーチは何も考慮されていないため、効果はきわめて限定的です。

根本原因は、足裏の縦側・横側のアーチの崩れだと考えていますので、足の形を整える整体治療を行います。

偏平足や足裏のタコ、魚の目、外反母趾、O脚、あるいは靴底の踵の片減りなどがあれば、間違いなく、足裏のアーチが崩れています。
足裏のアーチの崩れは、間違った生活習慣によるものですので、整体治療以外にも、生活習慣の改善が必要になります。
ここでは、検査により、原因となっている生活習慣の指導を行います。

症例

有痛性外脛骨の症例は、ココをクリック

 

→「からだの病名集」へ戻る

当ホームページに掲載された情報は、著作権法によって保護されています。
文章およびその構成・画像等の転載・模倣を、一切禁じます。