ボキボキしない葵整体院

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

足根管症候群

足根管症候群

足首のところにある足根骨と屈筋支帯で形成される足根管には、足、足首、足指の屈筋腱(長母趾屈筋腱・長趾屈筋腱・後脛骨筋腱)と後脛骨動脈・後脛骨静脈、脛骨神経が通っています。

症状

  • 踵を除く、足裏のしびれや痛み。
  • 足の甲にしびれが出ることはなく、物がついているような異物感があったり、ピリピリしたりジンジンするしびれがあります。

原因

足首の捻挫や骨折などの外傷、足首の歪み、ガングリオン、静脈瘤などにより、脛骨神経が圧迫されて、しびれや痛みが出ます

改善方法

病院では、抗炎症剤やビタミン剤などを保存療法や、症状が強い場合には手術を行います。

整体では、足首周辺の歪みの矯正などを行い、神経の圧迫を解除します。
神経が傷ついている場合、圧迫を解除しても、しばらく症状が出る場合があります。

 

→「からだの病名集」へ戻る

当ホームページに掲載された情報は、著作権法によって保護されています。
文章およびその構成・画像等の転載・模倣を、一切禁じます。