ボキボキしない葵整体院

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

慢性疲労症候群

慢性疲労症候群

症状

半年以上、原因不明の強い疲労が続く。

それ以外に、関節痛や筋肉痛があったり、感覚が過敏になったり、体温調節がうまくできなくなったり、睡眠障害(不眠、過眠)になったり、微熱が続いたり、筋力の低下が起こったり、人により様々な症状が起こります。

原因

西洋医学では、原因不明で、治療法や薬はありません。

研究段階では、様々なストレスが原因ではないかとされています。
ストレスは、精神的なストレスだけでなく、ウイルスや細菌、その他周囲の環境からくる肉体的なストレスを含みます。

改善方法

病院では、様々な療法や薬が試されていますが、多少効果がみられる程度で、有効な治療法は報告されていません。

当院で、慢性疲労症候群の患者さんを検査すると、一般の症例と比べ、結合組織の異常が強く、広範囲に出てきます。
この検査結果は、線維筋痛症の患者さんの場合と酷似しています。
したがって、しばらく通院が必要となりますが、異常をはっきりと把握しているため、それを施術することによって改善していきます。

整体以外の施術メニューで施術すると、ウイルスや細菌、重金属中毒、心理的ストレスに対処することになることもあります。
だから、原因は、一つではないことが多いと思われます。

注意事項

慢性疲労症候群に似た症状は、いろいろあります。
いずれにしても、一度施術してみないとわかりません。

  • 重症筋無力症
    神経から筋肉に信号が伝わりにくくなり、全身の筋力が落ちる病です。
    だるくなったり、目がぼやけたりします。
    午前中は比較的元気で、午後になり、筋肉が疲れてくると症状が現れるなど、日内変動があります。

 

→「からだの病名集」へ戻る

当ホームページに掲載された情報は、著作権法によって保護されています。
文章およびその構成・画像等の転載・模倣を、一切禁じます。