葵整体院 豊川施術所

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

カンジダ菌感染

カンジダ菌感染

カンジダ菌

誰の身体の中にもいるカンジダ菌ですが、増え過ぎるといろいろな問題を引き起こします。

カンジダ菌は、アルコールなど、わかっているだけで79種類の毒素を出します。

症状

知られている症状としては、口腔、口角、指の間、膣など、皮膚や粘膜の炎症です。

カンジダ菌が出す毒素により、倦怠感、慢性疲労、アレルギー症状、リーキガット症候群、副鼻腔炎、子宮内膜症、膣炎、膀胱炎、前立腺炎、前立腺肥大、胃炎、クローン病、潰瘍性大腸炎、関節炎、筋肉痛、頭痛、頭にモヤがかかった感覚、視力低下、喉や鼻の粘膜の炎症、酒に酔ったような神経障害、化学薬品過敏症、多発性硬化症、膵炎、糖尿病、肝炎、肝硬変、内分泌異常、抑うつ症、統合失調症、自閉症などがあります。

カンジダ菌の出す毒素のひとつに、アルコールもあり、飲酒していないのに、アルコールが検出される状態になることもあります。

原因

性行為による感染もありますが、元々体内に持っていることが多い菌です。
抗生物質により腸内細菌のバランスが大幅に崩れるなどして、カンジダ菌が増え過ぎることが原因です。

改善方法

カンジダ菌の除去と共に、増殖を防ぐことが重要です。

当院では、整体以外の施術メニューで対応しています。
検査により、その問題を特定し、処置していきます。

検査すると、重金属中毒、栄養素不足、腸内細菌異常がよく反応として出てきます。
重金属があると、カンジダ菌が核として取り込み、増殖しやすくなるため、必ず対処する必要があります。
精神的なストレスにさらされると、胃酸が不足し、アルカリ性傾くために、腸内細菌になったりします。

 

→「からだの病名集」へ戻る

当ホームページに掲載された情報は、著作権法によって保護されています。
文章およびその構成・画像等の転載・模倣を、一切禁じます。