ボキボキしない葵整体院

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

慢性ウイルス感染

慢性ウイルス感染

ウイルス感染しているが、発病せずにそのまま住み着いている状態、あるいは、発病したが排除しきれずにそのまま残ってしまっている状態を慢性ウイルス感染と言います。

症状

帯状疱疹や坐骨神経痛など、様々な神経痛。

原因

神経細胞は、身体の中のほかの細胞と比べ、代謝が少ないので、ウイルスにとっては非常に安全な環境です。
したがって、そこに潜んでしまいます。

改善方法

ウイルスはDNAを持たないため、細胞の中に入る必要があるわけですが、細胞内に入って休眠状態になってしまうと、身体の免疫システムも認知できなくなります。

当院では、整体以外の施術メニューで対応しますが、通常の検査では検出できないため、検査感度をいくつか切り替えて探っていきます。
治らないの坐骨神経痛の場合、慢性ウイルス感染であることがよくあります。

 

→「からだの病名集」へ戻る

当ホームページに掲載された情報は、著作権法によって保護されています。
文章およびその構成・画像等の転載・模倣を、一切禁じます。