ボキボキしない葵整体院

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

打撲

打撲

身体のあらゆる部位で起こります。

症状

損傷部が腫れたり、熱感を持ったりして、炎症を起こします。
血管に損傷があれば、出血し、暗紫色になります。

原因

体の外から強い力が加わることによって、軟部組織が損傷します。

改善方法

内臓や頭部の損傷が疑われる場合には、すみやかに病院で治療を受けてください。

手や足などの打撲で、骨折などがなければ、整体治療により、改善することができます。
特に、いつまで経っても、打撲の痛みが続く場合は、軟部組織が潰されたままになっていますので、整体治療で元の状態に戻せば、痛みはおさまります。

症例

打撲の症例は、ココをクリック

 

→「からだの病名集」へ戻る

当ホームページに掲載された情報は、著作権法によって保護されています。
文章およびその構成・画像等の転載・模倣を、一切禁じます。