ボキボキしない葵整体院

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

糖尿病

糖尿病

「インスリン」というホルモンが不足して、血液中のブドウ糖が細胞に取り込まれなくなって、血糖値が高くなってしまう病気です。
そうなると、筋肉や内臓を働かせるエネルギーが足りなくなって、いろいろな障害を起こします。

症状

一般的には、足のつりやしびれ、多飲多尿と言われていますが、初期は、自覚症状がないことが多く、注意が必要です。
皮膚が締め付けられる所に、赤いポツポツができることがあります。ポツポツの中心にカサブタ状の白い物があり、痒みがあります。

悪化すると合併症を引き起こします。
3大合併症として、

  • 神経障害
    手足のしびれ(両足先がしびれて、次に両手のしびれ)、筋力低下、胃腸不良など。
  • 網膜症
    視力が低下し、場合によっては失明。
  • 腎症
    おしっこを作る機能が低下して、人工透析が必要になる。

原因

国内の糖尿病の95%以上は、悪い生活習慣(悪い食生活・運動不足など)から、インスリンの出る量が少なくなったり、あるいはインスリンはあっても、肥満などによりインスリンの働きが悪くなったりするのが原因です。
他に、ほかの病気や感染症、薬の副作用などがあります。

改善方法

今までの生活習慣が今の症状を引き起こしていますので、根本的な解決はあくまで、食生活の改善や適度な運動など、基本的な生活習慣を正すことです。

おかずを先に食べてからご飯を食べる、つまり、炭水化物を食べるのを後にすることによって、インスリンの分泌量を増やし、血糖値の上昇を抑えることができます。
また、水溶性食物繊維(野菜、海藻、きのこなど)を多く摂って、腸内環境を整えて良い腸内細菌を増やしても、インスリンの分泌量が増えて、血糖値の上昇を抑えることができます。

それでも、人によっては、血糖を下げる飲み薬や、足りない分を補充するインスリン注射などの対症療法が必要になります。

当院では、検査で、膵臓の機能低下の異常の反応が出てきた場合、膵臓の機能を正常化する整体を行います。
睡眠不足やストレスなども糖尿病になる要因ですので、整体で、身体を楽にすることもお勧めします。

整体以外の施術メニューの検査で、カンジダ菌感染が原因として反応が出てくることもあり、その対応が必要な場合もあります。

 

→「からだの病名集」へ戻る

当ホームページに掲載された情報は、著作権法によって保護されています。
文章およびその構成・画像等の転載・模倣を、一切禁じます。