ボキボキしない葵整体院

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

全般性不安障害

全般性不安障害

不安神経症の一種で、さまざまなストレスをきっかけに、不安が起こり、それに伴って身体症状が現れます。
パニック障害と違い、強い不安が起こるわけではありませんが、慢性的な症状として現れます。

症状

人によって異なりますが、慢性的な不安、過敏、緊張、落ち着かない、イライラ、集中できない、首や肩のこり、頭痛、震え、動悸、息苦しさ、めまい、頻尿、下痢、全身倦怠感、不眠(寝つきが悪い、途中で目が覚める、眠りが浅い)など、いわゆる不定愁訴と呼ばれるいろいろ身体症状があります。

原因

不安に対しての過剰反応や精神的なストレス、強度な肉体疲労などが、原因です。

改善方法

病院では、一般的に、抗不安薬が処方されます。
できるだけ薬を使わず、森田療法などで改善を図る病院もあります。

当院では、心身共に楽な状態にし、薬がなくても大丈夫な状態にするのがベストであると考えます。
本人が気付かない大きな肉体的なダメージがあって、不安症状を引き起こしている場合があり、その場合、当院の整体が有効です。
肉体的なダメージがない場合、整体以外の施術メニューで原因を探り、施術していきます。

 

→「こころの病名集」へ戻る

当ホームページに掲載された情報は、著作権法によって保護されています。
文章およびその構成・画像等の転載・模倣を、一切禁じます。