ボキボキしない葵整体院

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

パニック障害・パニック発作

パニック障害・パニック発作

不安神経症の一種で、はっきりした原因がないのに突然、死んでしまうのではというほどの強い不安が起こり、それに伴って身体症状が現れます。
それらの症状は、パニック発作と呼ばれますが、数分から数十分でおさまります。
ただし、頻度は人によって異なりますが、パニック発作は、繰り返し起きます。

症状

人によって異なりますが、突然、死んでしまうのではないかという強烈な恐怖感、震え、動悸、頻脈、息苦しさ、めまい、冷え、多汗、全身のしびれ、腹部の不快感などの症状が起きます。

突然の症状を繰り返し、何度、病院に行って検査しても、異常なしと診断されます。

なお、パニック障害に移行する前に、夜中何度も目を覚ます、寝付き悪いなどの不眠症状が起きていた場合が多いです。

原因

心身に対する慢性的なストレスと、ストレスを受けやすいネガティブな考え方の癖により、脳の扁桃体を刺激し続け、扁桃体が過敏な状態になります。

脳の扁桃体は、危険を察知し、身体を危険に備える(心拍数を上げるなど)指令を出すところです。
したがって、扁桃体が過敏になると、ちょっとした刺激で、扁桃体が暴走し、パニック発作を引き起こすことになります。

扁桃体が活性化すると、交感神経が活発になるため、不眠症状を引き起こしやすくなります。
睡眠中は、脳の活動が低下するため、脳内の酸素量が減り、二酸化炭素量が増加することにより、過敏となった扁桃体が危険として察知してしまうためです。

改善方法

病院では、一般的に、抗不安薬が処方されます。
できるだけ薬を使わず、森田療法や認知行動療法などで改善を図る病院も僅かながらあります。
森田療法や認知行動療法は、物事を客観的に捉え、ポジティブな考え方のクセをつけるという意味で、有効な方法だと考えます。

私の経験では、抗不安薬を服用しても、薬が効いている間は症状が出ず楽になりますが、根本的な解決には至らず、症状を抑えるために、日に日に薬の量が増えて行きました。
経験上、間違っても、診察時間5分足らずで薬を処方するだけの病院・医院に通院するのは、避けた方が良いです。医師に治す気はありません。
これではまずいということで、ほかの病院で森田療法や心理カウンセリングを受け、一時期だいぶ回復しましたが、また症状が戻りました。

病院治療が一番優れていると思う方がほとんどだと思いますが、結局、整体で、薬がなくても大丈夫な状態になりました。
自分の場合は、ボディートークが一番有効でした。
施術されたという感じはほとんどなかったのですが、気付いてみれば、パニック発作が起きてないという感じで、自然におさまっていました。
その体験から、ボディートークを施術メニューとして採用しています。

自分でできる対症療法

EFTエネルギー療法

EFTは、対症療法としては、効果絶大でした。
私の場合、パニック発作を起こした時に、EFTを使って、何度も、症状がすぐにおさまった経験があります。

対症療法だけでは良くなることはありませんので、早めに、来院してください。

呼吸法

扁桃体の過活動がパニック発作を引き起こします。
扁桃体のそばには呼吸中枢があり、呼吸回数を減らすことによって、扁桃体の過活動を抑えることができます。

  • 両手を前に組んで、前に伸ばしながら背中を後ろに丸め、息を吸います。そして、元に戻しながら、息を吐きます。
  • 両手を後ろで組んで、胸を反らしながら、息を吐きます。そして、手を戻しながら、息を吸います。

 

→「こころの病名集」へ戻る

当ホームページに掲載された情報は、著作権法によって保護されています。
文章およびその構成・画像等の転載・模倣を、一切禁じます。