ボキボキしない葵整体院

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

バッチフラワーレメディーのページ

バッチフラワーレメディー

このページは、当院の患者さんのためのページです。

38種類あり、野生植物の花や木からつくられたエッセンスです。
癒しの作用に優れており、精神・心理的問題の解決に使われています。

入手先

一本2,000円前後で、購入できます。

  • アマゾン
    アマゾンのサイト内で、「バッチフラワーレメディ」で検索してください。
  • ゆうわ

使い方

使い方は、簡単です。
いくつか方法がありますので、ご自分でご自由に選んでください。

一回4滴、一日4回、摂るようにしてください。

口に垂らす

スポイドで、口の中に4滴垂らして、飲みます。
衛生上、スポイトが舌などに、触れないように注意してください。

食べ物や飲み物に混ぜて摂る

食べ物や飲み物に、スポイドで4滴垂らし、摂ります。

どんな食べ物や飲み物でも、構いません。

経済的な使い方

薄めても効果は変わりませんので、薄めてから、同様に使うこともできます。
また、複数のフラワーレメディを混ぜて使うこともできます。

トリートメントボトル(ミキシングボトル)を購入し、そのボトルの肩まで、ミネラルウォーターを入れます。
それから、フラワーレメディを必要量(30mlに対して2滴)入れます。
それを、スポイドで取って、同様に使います。

冷蔵庫で保存するようにし、水で薄めた場合の使用期限は2週間程度です。

保存性を高めたい場合は、ミネラルウォーターをボトルの2/3、ブランデーなどの蒸留酒をボトルの1/3の割合にします。
子供の場合は、蒸留酒の代わりに醸造酢を入れてください。

注意事項

スポイトが舌などに触れてしまった場合は、そのスポイトを水でキレイに洗ってから、ボトルに戻して下さい。

参考書籍

バッチフラワーレメディーについては、これらの本が参考になります。

「バッチ博士の花療法 フラワーレメディ」(山本沙夜著、グラフ社)

「バッチの花療法」(メヒトヒルト・シェファー著、フレグランスジャーナル社)

当ホームページに掲載された情報は、著作権法によって保護されています。
文章およびその構成・画像等の転載・模倣を、一切禁じます。