ボキボキしない葵整体院

愛知県豊川市金塚町2-86-1 名鉄稲荷口駅から徒歩6分

ぎっくり腰といえば、ココ

10年以上のぎっくり腰の施術実績があります。

ぎっくり腰

重い物を持ち上げるなど腰に大きな負担をかけた時に出るのが、ぎっくり腰です。
しかし、それはキッカケに過ぎず、根本原因は、本人の間違った生活習慣にあり、それによってカラダにダメージが蓄積されていって、何かの拍子にぎっくり腰という形で出てきたに過ぎません。


下記に、実際の検査結果をご紹介します。

写真内で、青のボールペンで書かれた部分が、自覚症状がある所です。
写真内で、赤の色エンピツで塗られたところが、葵整体院の検査で見つけた、本人は知らない隠れたダメージ(結合組織の異常のみ記載)です。

20代、男性。
昨日の朝、子供を抱っこして、ぎっくり腰になった。
2年前にも、ぎっくり腰をやっている。

ぎっくり腰 ぎっくり腰

30代、男性。
物を取ろうとして、腰がグキッとなった。

ぎっくり腰 ぎっくり腰

40代、女性。
4日前に、ぎっくり腰。
整形外科の治療を受け、3日間寝て、安静にしていた。
以前から、夜中に目が覚め、熟睡できない。

ぎっくり腰 ぎっくり腰


自覚症状は、腰にあります。
しかし、葵整体院の検査で調べていくと、股関節の前側や後側、太もも、すね、足の甲などに、隠れたダメージがあります。

つまり、まず初めに足先が歪み、その歪みが上へと伝わり、その間の組織にダメージを与えていることがわかります。
したがって、腰周辺をいくら施術しても、再発を食い止めることはできません。

それから、検査で調べている異常は、結合組織(筋膜・骨膜・腱・靭帯ほか)ですので、筋肉をどんなに緩めても、この異常はなくなりません。
つまり、離れたところに異常があることがわかっても、結合組織の異常を解消できる整体法がないと、この異常は改善できません。

ぎっくり腰の場合、慢性症状と急性症状が混在している状態です。
急性症状に対しては集中施術が効果的ですので、3日連続、あるいは1日おき3回の施術をお勧めします。

ただ、根本原因は、ご本人の生活習慣にあるため、それを直さないと再発する危険があります。
つまり、痛みがなくなったからと言って、治ったわけではないということです。
よく、ぎっくり腰を一度やると癖になるという言いますが、正確には、悪い癖がついているからぎっくり腰になるのです。
本人の間違った生活習慣により、カラダにダメージが蓄積して、何らかのきっかけでぎっくり腰という症状を引き起こしています。

身体に染みついた悪い癖を矯正するのが、整体のもう一つの重要な目的です。

ご予約

愛知県豊川市の葵整体院 施術ベッド

ボキボキしないので、安全です。
整体初体験でも安心して整体が受けられます。
完全予約制なのでお待たせしません。

まずは、お電話してください。

愛知県豊川市の葵整体院 電話番号 0533-83-1680
(スマートフォンは、画像をクリックして電話)

土日祝日もやっています。
一人で仕事をしているため、状況によっては電話に出られないこともありますので、その際には、お掛け直しください。
繁忙なため、留守番電話に予約希望のメッセージを残されても、こちらからはお電話できません。

ぎっくり腰の症例

ぎっくり腰の症例は、ココをクリック

当ホームページに掲載された情報は、著作権法によって保護されています。
文章およびその構成・画像等の転載・模倣を、一切禁じます。